アーカイブ 5月 2019

生理痛がひどい、頭が痛い時はイブA錠を服用しています

この薬をオススメする理由の一つ目が、購入しやすいという点である。

イブA錠はごくごく一般的にドラッグストアで売られている鎮痛剤だが、一般的に売られているということは購入しやすいということ。

出先で必要になったが手元にないという時でも近くのドラッグストアに行けば購入することができる。

また鎮痛剤というとロキソニンが有名だが、ロキソニンは第一医薬品で薬剤師がいないと購入することができない。

それに比べてイブA錠は第二医薬品なので、薬剤師が不在の場合でも購入することができる。

値段もロキソニンと比べると安く購入できる点もオススメポイントである。

二つ目が効き目である。

いくら手軽に購入できても、効き目がなければ薬としての意味がない。

私はほぼ毎月、生理痛のためにこの薬にお世話になっているが、どんなにひどい時でも服用して30分位すれば痛みが治まってくる。

立ち仕事をしているが、仕事に支障がでない位に痛みを抑えてくれるので助かっている。

三つ目がデザインである。

錠数が多いものは別だが、錠数が少ないものは箱がコンパクトで持ち運びがしやすい。

また一回二錠服用するのだが、一回分(二錠)毎にパチンと簡単に切れるようになっている。

なので、予備で一回分だけ仕事の制服のポケットに忍ばせておくこともできて、とても重宝している。

購入はこちら>>>>>クスリエクスプレス


電気(ダウンライト、シーリングライト)の配置と大きさ

当初は雑誌を見て、お洒落な照明や本に載っている実例などを見て、そのものに似せて良い家にしようと考えていたので、電気の明るさ、大きさが家に合ったものかどうかをよく考えていませんでした。

なので少しお洒落な販売している電気を天井にはめると、天井が低いのか、さらに低く感じ、邪魔だなと思うことが多々ある。

また、凝った照明の明かりはワット数が小さいものが多く、暗い。

ご飯を食べるところが本当に暗く感じ、ほかの場所の電気もすべてつけています。

ダウンライトは明るいのと埋め込み方なのですっきりしているのでもっとつければよかったと後悔している。

寝室も子供部屋もダウンライトをつければよかったと思う。

ここはリビングより狭い空間なのでダウンライトの方がすっきり見えたと思う。

後からシーリングをつけるなら配線だけ行っておき、子供が何かつけたいといったときに電気器具をつければいいと思う。

後から埋め込みの電気や配線を追加で工事してもらうのは、高くつきます。

また後からお金を払うのは少し嫌な感じがします。

間取りやインテリアのことばかりに気をとられていたので、家の大きさ天井の高さにあった電気の大きさ、明るさをしっかり把握し調べればよかったと思います。

参考にしたサイト⇒注文住宅 野田市